FC2ブログ

日課のメール

私は自分からメールを送る・・・・
という行為がとても苦手です。

用事があるなしに関わらず、
今この時間に送信してご迷惑なのではないか?と思うと、
躊躇してしまうのです。
これは女友達に対しても同じくです。

なのでそれを回避するために、
毎晩12時くらいに
ご主人さまに一言メールを送るという事を
日課にしています。
「日課」と思えば、怯まないで済むから。

でもこのお盆休みは、
ご主人さまはご家族でお出かけ。
だから日課をお休みしていました。
一方的な私の日課とはいえ、
メール一本送る事ができないだけで
なんだか寂しく虚しい・・・・・・
先日お腹にいただいた鞭痕と腕の傷とを眺めて
過ごしていました。

ご主人様から
「帰ったよ。」ってメールをいただいた時、
心の中に安堵感が広がりました。
一番混雑するこの時期にお疲れだろうな。
お傍にいたら、
背中をマッサージしてあげられるのに・・・・
ご主人様、愛しています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

如雨露

「如雨露」ってご存知ですか?
植物にお水を撒く時に使う
あのジョーロの事だそうです。

私はジョーロに漢字があったなんて、
初耳で驚きました。
ご主人様の御昼寝タイムに、
一人で見ていたテレビ番組で知りました。

「雨の如く、露の如く」という意味から、
如雨露になったとの事でした。
すごく素敵なネーミングだと思いました。


368da9eb27b06ca419185cd29c52a270_1469791747-480x320.jpg



私もご主人様の如雨露になろうと思います。
雨の如く、露の如く、
ご主人様に愛を降り注ぎたいと思います。
ご主人様にはお伝えしておりませんが(笑)。
ご主人様、愛しています。


にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


にほんブログ村







決意

毎週末の逢瀬の合間の平日に、
ご主人様と日本酒デートをしました。
相当早いピッチで日本酒を飲んで、
二軒目のお蕎麦屋さんに行きました。

二人共だいぶヨッパだったので
とめどなくいろいろな話しをしていました。
ご主人様が愛を信じていなかったのに、
愛を求めて止まず、
荒んでいた話…をお聞きして、
私はお蕎麦を食べながら涙を流しました。
ご主人様の心が痛いほど伝わったから。

ご主人様とお別れしての帰りの電車の中で、
私は酔っ払って眠りながらも
涙が止まりませんでした。

私はご主人様を決して裏切ったりしない。
決して悲しませたりしない。
ご主人様をもっともっと、
私の深い愛で包んであげる。
・・・・改めてそう決意したのでした。
ご主人様、愛しています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


にほんブログ村



比翼連理

ご主人様に連れていっていだいた
素敵な焼鳥やさん。
SMホテルのすぐそばにあります。
しかもとても上品なお店です。
そこの店名がちょっと変わっていました。

不思議に思っていたら
白居易の「長恨歌」から名付けたとのこと。

そういえば…
花の女子高生の頃に「長恨歌」の
勉強をしたなぁと思い出しました。

天にあっては比翼の鳥のように。
地においては連理の枝のように。
玄宗皇帝が楊貴妃と永遠の愛を誓った物語。

「比翼」は比翼の鳥のことで、
雌雄それぞれ目と翼が一つずつしかなく、
常に一体となって飛ぶという想像上の鳥。

「連理」は連理の枝のことで、
根元は別々の二本の木が
幹や枝が途中でくっついてしまい
一本になってしまった木。

比翼連理は、
男女が離れがたいほどに相愛で
仲睦まじい事の例えだと言われています。

そんな事を思い出しながら
焼鳥をいただく私は、
ちょっとニヤニヤしてしまいました。

2017061216511246c.jpg


きっとご主人様と私は「比翼連理」なのです。
ご主人様がいなくなったら
私は飛べない。
ご主人様がいなくなったら
私は枯れてしまう。
ご主人様、愛しています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


にほんブログ村




GWの思い出

ゴールデンウィークを迎えました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

一年で一番良い季節のゴールデンウィーク。
きらきらと輝いて、
緑も花も美しいこの時期はとても好きです。

でも昨年のこの時期に、
ご主人様に関する事件が勃発したので、
この新緑の季節は
胸の痛みを思い出す季節になりました。

ゴールデンウィーク前は
地方都市で私のもっとも軽蔑する事を。
ゴールデンウィーク中はこちらで。
どちらもその二日後には
平然と私とデートしていました。
その事を後から知って、
私はずっとずっと苦しみました。
「平然と」が信じられなかったから。

それからしばらくは、
契約書を読む時に
「ご主人様を心から尊敬し、信頼し・・・・」って言う度に
自分の心に大きな嘘をついている私は、
胸の痛みで何度も涙を流しました。

最近、その事を思い出すと、
瞳の裏側がじわじわっと潤む事に気付きました。
心が痛む時の涙は、裏側を流れるのです。

あれから一年。
ものすごく遠い昔の事件だったような?
あっという間の日々だったような?
ご主人様、愛しています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


にほんブログ村






プロフィール

美月

Author:美月
はじめまして♪
40代の既婚者美月です。
ご主人様と奇跡的な出会いがあり、調教していただいています。
ご主人様は怖いけれど優しくて、そしてとても頭の良い方。
厳しいだけでなく包容力もあって、私の心も身体もふっかふかに包んでくれます。
ずっと探し求めていた理想の男性です。
ご主人様を愛しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2974位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
110位
アクセスランキングを見る>>
思い出の記念日
初めてお逢いして
奴隷契約書
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
ご訪問ありがとう♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも

この人とブロともになる